リモートデバイスの安全性を確保するにはどうすればいいですか?

リモートワークは、世界中の企業にとって新たな常識となりつつあります。ここでは、ITチームがリモートデバイスの安全性と従業員の生産性を維持する方法を紹介します。


かつてリモートワークは、企業では珍しい特典でした。しかし、COVID-19のパンデミック対応の一環として、雇用主はリモートワークを許可し、さらには義務付けるようになっています。Twitter社やMicrosoft社のような大企業から、地方の中小企業まで、新型コロナウイルスのパンデミックの間も、その後も、在宅勤務はビジネス戦略の一部となっています。 

リモートワークは、運用コストの削減や従業員の時間短縮など、多くのメリットがあります。しかし、問題がないわけではありません。リモートワーカーの生産性向上を目指すITチームにとって、リモートデバイスのセキュリティ確保は最重要課題です。ここでは、社員のデバイスと会社のデータを安全に保つための方法を紹介します。 

リモートワーカーにとって最も一般的なセキュリティ上の懸念は何ですか?

フィッシング対策、ネットワークの安全性確保、その他従業員主導のニーズなど、オフィスに共通する課題に加えて、IT管理者は以下のような課題にも取り組まなければなりません。 リモートワークの課題 

よくある悩みは以下の通りです。

  • セキュリティで保護されたWi-Fiネットワークを介したアクセスの制限
  • 自動化されたセキュリティとアンチウイルス対策の実施
  • セキュリティギャップをなくすためにデバイスに頻繁にパッチを当てる
  • 適切なセキュリティ対策(ロック装置など)に関する従業員のトレーニング
  • 紛失や盗難に遭ったデバイスのジオロケーションとリモートワイプ
  • 社員やITサポートスタッフがリモートワークをしやすくするために

最終的には、遠隔地にいる従業員のセキュリティを確保するためには、人々の協力が必要となります。そのためには、ポリシー、トレーニング、およびデバイス管理ソリューションによる強制力を組み合わせる必要があります。セキュリティの設定と構成は、リモートでの生産性向上のために従業員のデバイスを安全に保つためのシンプルな方法の1つです。 

セキュリティ設定や構成を強化するにはどうすればいいですか?

遠隔地にいる従業員のデバイスにセキュリティ設定を適用することは、難しいことではありません。技術に精通した従業員は、制限事項を自分で回避しようとするかもしれませんが、それがデータ・セキュリティ上のリスクとなる場合もあります。しかし、適切なデバイス管理ソリューションを使用すれば、この問題を簡単に解決することができます。設定を従業員のプロファイルに結びつけることで、セキュリティ設定を簡単に展開し、希望する役割に制限することができます。 

万が一、従業員が必要なセキュリティ・ソフトウェアやファイアウォールを削除したり移動したりすると、さらに大きな問題となります。FileWaveの特許取得済みセルフヒーリングのようなソリューションは、削除された、見つからない、または破損したセキュリティ・ソフトウェアやファイルを自動的に修復または再インストールすることで、この問題を解決します。これらの要件を従業員のデバイス・グループに結びつけることで、これらの修正が自動的に完了し、ITチームの時間と頭痛の種を減らすことができます。 

リモートワーカーにソフトウェアを配布したり、アップデートするにはどうすればいいですか?

新しいソフトウェアのプッシュソフトウェアのアップデートやパッチをデバイスに配信することは、生産性やセキュリティの向上に不可欠です。しかし、遠隔地のネットワークでは、配信が困難な場合があります。適切なデバイス管理ソリューションは、ネットワークやファイアウォール、NATの設定を超えて接続し、必要なデータを必要な場所に届けることができます。また、デバイス管理ソリューションは 必要なパッチOSやサードパーティのアプリケーションが利用可能になった時点で配信することで、従業員のデバイスのセキュリティギャップを減らすことができます。現代の社会では、オンプレミスのソフトウェアの配布やパッチの適用にとどまらない柔軟性が求められており、適切なソリューションは、ネットワークやその他の要因を超えてこれを実現することができます。  

将来のリモートワークに備えるにはどうしたらいいですか?

リモートワークが未来であるならば、未来はここにある。COVID-19の大流行により、世界の広い範囲でリモート業務へのシフトが加速しており、今後もその傾向は続くと思われます。リモートワークは、チームやリーダーの間での調整を必要とする、企業にとって大きなオペレーション上の変化であるが、ITによってリモートワークの成果をより大きくすることができる方法は数多くある。

  • ユーザー主導のセキュリティ基準と期待値の明確な伝達を可能にする。 
  • ウィルス・マルウェア対策ソフトや設定管理などによるセキュリティ基準の徹底。 
  • 自動化されたソリューションにより、セキュリティソフトウェアのインストールを保護する。 
  • 必要なソフトウェアやパッチを迅速かつ効果的に配布します。 
  • ネットワーク、ファイアウォール、NAT構成を越えて接続できるデバイス管理ソリューションの導入。 
  • エンドユーザーの摩擦を減らし、生産性を高める。 

これらはデバイスマネジメントの広範な原則ですが、適切なソリューションを使えば簡単に実現できます。デバイス管理がいかに簡単にできるかを確認してみませんか?今すぐFileWaveの30日間の無料トライアルをお試しください。 

{{cta(‘c9b91378-002f-4e56-85a7-a9a67eefd311′,’justifycenter’)}}

関連記事

返信を希望する

コンテンツへ移動