エンドユーザが事前に承認されたアプリケーションやソフトウェアをインストールできるようにすることで、エンドユーザのITを容易にします。管理されていない、互換性のないソフトウェアをユーザーがインストールすることによる複雑な問題を回避できます。

IT部門は、ユーザーが必要とするすべてのアプリケーションを予測することはできませんし、すべてのユーザーのデバイスにすべてのアプリケーションをロードすることは、コスト的にも実現的にもお勧めできません。言うまでもなく、IT部門は多忙であり、オンデマンドのデプロイメントに間に合わないこともあります。FileWaveは、事前に承認されたアプリケーション、ドキュメント、その他のリソースを、カスタマイズ可能なセルフサービス・キオスクを介してエンドユーザーが利用できるようにするために必要な、スマートな管理ソリューションを提供します。

ファイルウェーブのセルフサービス型ITソリューションは、エンドユーザーの生産性を向上させます。当社のセルフサービス・キオスクは、ユーザー主導のインストールを簡単にし、コンプライアンスを実現します。

FileWave社のコンピュータやモバイルデバイス向けの「Self-Service Kiosk」は、ユーザーが必要なアプリやソフトウェアを入手するための最も簡単な方法をIT化します。ITチームは、アプリを事前に審査し、必要に応じて会社の標準に準拠した設定を行い、ポータルで公開して、必要に応じてユーザーがインストールできるようにします。さらに素晴らしいことにFileWave Kioskからのユーザーによるダウンロードには管理者権限が必要ないため、セキュリティを維持しながらプロセスを効率化することができます。

事前に承認されたソフトウェア

組織のセキュリティ基準に沿ったソフトウェアを事前に承認・設定することで、ユーザーがインストールできるものを制御します。

インターフェースのカスタマイズ

FileWaveセルフサービス・キオスクは、組織のブランドに合わせてカスタマイズすることができ、ユーザーにシームレスで信頼性の高い体験を提供します。

グループパーミッション

ユーザーのスマートグループに基づいて、誰がどのソフトウェアをインストールするかを管理し、ライセンスの無駄遣いを防ぎます。

チケットの削減

ソフトウェアをインストールする際に、ユーザーがキオスクに行くようにトレーニングすることで、ヘルプデスクのサポートチケットを減らすことができます。

ユーザー主導型のソリューションで生産性をサポートします。インストールやダウンロードなど、セルフサービスでITを簡単に利用できます。

ITチームにとって、エンドユーザーの摩擦を減らすことは目標です。ソフトウェアのインストールを依頼したり、問題を解決したり、生産的な仕事に戻るための時間のかかるプロセスは、過去の問題です。これからは、インテリジェントなITソリューションでエンドユーザーをサポートすることが重要です。成長に備える企業は、FileWave Self-Service Kioskのようなツールを利用することでインテリジェンスを取り入れ、ヘルプデスクのチケットを減らし、解決を早め、エンドユーザーの生産性を最大化しています。 

学校では、FileWaveのセルフサービスソリューションは、学生や教育者にとって強力な学習支援ツールとなります。教師は、特定のソフトウェア、ドキュメント、ビデオ、その他の資産をアップロードして、特定のコースの学生がオンデマンドでアクセスできるようにすることができます。学生は、IT部門のサポートを待つことなく、必要なソフトウェアを必要に応じてインストールすることができます。さらに、未使用のライセンスを減らすことでコストを削減できるため、IT部門の予算にもプラスになります(FileWave社による)。

FileWaveを使い始める準備はできましたか?

1-2-3のように簡単です。ファイルウェーブの専門スタッフが、お客様の組織の要件をナビゲートして、FileWaveを使い始めることができます。

ステップ1

評価依頼フォームに必要事項をご記入の上、弊社エンジニアにご連絡ください。 

ステップ2

当社の専任エンジニアが、お客様のテスト環境を整え、デバイスを登録し、テストを開始します。

ステップ3

モバイルデバイス環境の生産性と安全性を維持するために、FileWaveの便利で直感的なモバイルデバイスソリューションをお楽しみください。

FileWaveを30日間無料で体験

30日間、クレジットカードを必要とせずに、FileWaveの完全な機能と機能のアンロック版をお試しいただけます。とても簡単です。
コンテンツへ移動