FileWave Remote Desktopは、エンドユーザーの生産性を向上させます。ネットワークを介してリモートで接続し、難しい技術的なプロセスをユーザーに教えることができます。

リモートデスクトップは、テクニカルトラブルシューティングとジャストインタイムのユーザートレーニングの両方をサポートし、テクニカルサポートチケットの繰り返し発生を減らします。より迅速で効果的な対応は、全員の生産性を向上させ、ヘルプデスクを最も抵抗の少ない経路にすることで、効果のない自己流の修正を排除します。スマートなテクノロジーには、スマートなサポートを提供するFileWaveが必要です。

リモートデスクトップを使用して、あらゆる場所からネットワーク上のユーザーデバイスをリモートで接続し、表示および制御することができます。

多忙なIT管理者にとって、エンドユーザーの生産性向上は最優先事項です。サポートチケットの解決率は重要なパフォーマンス指標であり、スリムなITチームにとっては急速に困難になっています。しかし、そのようなことはありません。FileWaveのリモート・デスクトップ機能を使えば、ITチームはシステムを分析して問題を解決し、ヘルプデスクの技術者が直接訪問する必要性を減らすことができます。

ジャストインタイム・トレーニング

リモートで接続し、ユーザーに技術的なプロセスを説明したり、将来の生産性を高めるためのトレーニングを提供する。

ヘルプデスクのチケット解決

ITをヒーローに。エンドユーザの問題を迅速に発見、解決するために必要なターンキー機能により、チケットの解決時間を短縮します。 

トラブルシューティング

故障した機器に直接接続してトラブルシューティングを行い、ユーザーによるサポートを制限して直接修正を行うことで、ユーザーの摩擦を減らします。

どこからでも接続可能

FileWave Clientのおかげで、IT担当者はネットワークやNAT構成を超えて接続し、エンドユーザーをサポートすることができます。

ユーザーのデバイスを遠隔操作することで、ITサポートチケットの成果を向上させることができます。

エンドユーザは、複雑な技術的問題に迅速かつ効果的に対応することを期待しています。しかし、ITチームにとっては、ユーザーの期待に応えると同時に、組織のネットワーク整合性とデータセキュリティを守ることが難しくなります。さらに、デスクサイドでの修正のための移動にかかる時間も加わり、ユーザーサポートはIT効率の足かせとなっています。FileWaveは、IT管理者と技術者がリモート・デスクトップを使ってユーザー・エクスペリエンスを向上させ、セキュリティ基準を維持するための課題をチャンスに変えることができるよう支援します。 

対面でのサポートのための車での移動や徒歩での移動時間をなくすことで、ITチームは時間を節約し、自分自身やユーザーに起こりうる健康上のリスクを減らすことができます。時間の節約はコストの節約につながり、チームはその作業時間をより多くのチケットの迅速な解決に充てることができ、組織全体の生産性を最大化することができます。また、FileWaveクライアントを介して接続することで、ファイアウォールやNAT設定に悪影響を与えることなく、ネットワークの整合性とセキュリティを維持することができます。

FileWaveを使い始める準備はできましたか?

1-2-3のように簡単です。ファイルウェーブの専門スタッフが、お客様の組織の要件をナビゲートして、FileWaveを使い始めることができます。

ステップ1

評価依頼フォームに必要事項をご記入の上、弊社エンジニアにご連絡ください。 

ステップ2

当社の専任エンジニアが、お客様のテスト環境を整え、デバイスを登録し、テストを開始します。

ステップ3

モバイルデバイス環境の生産性と安全性を維持するために、FileWaveの便利で直感的なモバイルデバイスソリューションをお楽しみください。

FileWaveを30日間無料で体験

30日間、クレジットカードを必要とせずに、FileWaveの完全な機能と機能のアンロック版をお試しいただけます。とても簡単です。
コンテンツへ移動