FileWaveとTeamViewerが新たなパートナーシップを発表

  • TeamViewerとFileWaveは、2021年6月にパートナーシップ契約を締結しました。
  • 今回の提携により、ファイルウェーブはリモートデバイスマネジメント機能のさらなる強化を目指します。

ファイルウェーブは、TeamViewerとパートナーシップを締結したことを発表しました。TeamViewerは、いつでもどこでも、あらゆるデバイス、あらゆるプラットフォームへの安全なリモートアクセスを可能にするTeamViewerリモート接続クラウドプラットフォームを通じて、ファイルウェーブの顧客管理者がハードウェアをリモートで盗み、組織をよりよくサポートすることを可能にするソフトウェアです。

FileWaveは、ソフトウェア業界において、マルチプラットフォームのデバイス管理、リモートイネーブルメント、ソフトウェアの集中配信、パッチマネジメントなどの機能で知られています。

FileWave社のCTOであるVasily Suvorv氏は、次のように述べています。

今回の提携は、お客様がスタッフや顧客に効果的にサービスを提供する能力を大きく向上させ ます。TeamViewerは世界的に業界をリードするリモートコントロールソリューションであり、この機能を当社の製品ラインに追加することは、ワンストップのUEMソフトウェアプロバイダーになるという当社のビジョンを実現するための正しいステップであると考えています。"

 


 

チームビューアーについて

TeamViewerは、ラップトップや携帯電話から産業用機械やロボットまで、あらゆる種類のデバイスにリモートでアクセス、制御、管理、監視、修理するための接続プラットフォームを提供する、世界有数のテクノロジー企業です。TeamViewerは個人利用の場合は無料ですが、60万人以上の加入者がおり、あらゆる規模、あらゆる業界の企業が、シームレスな接続性によってビジネスに不可欠なプロセスをデジタル化することを可能にしています。TeamViewerは、デバイスの普及、自動化、新しい仕事などの世界的なメガトレンドを背景に、デジタルトランスフォーメーションを積極的に形成し、拡張現実(Augmented Reality)、モノのインターネット(Internet of Things)、人工知能(Artificial Intelligence)の分野で継続的にイノベーションを行っています。2005年の創業以来、TeamViewerのソフトウェアは世界中で25億台以上のデバイスにインストールされています。同社はドイツのゴッピンゲンに本社を置き、世界中で1,400人以上の従業員を擁しています。2020年、TeamViewerは4億6000万ユーロの請求を達成しました。TeamViewer AG(TMV)はフランクフルト証券取引所に上場しており、MDAXに属しています。詳しい情報は、www.teamviewer.com

 

連絡先

Joley Fischer: joley.fischer@filewave.com

プレスリリースは、こちらのドイツ語版にも掲載されています。

関連記事

返信を希望する

コンテンツへ移動