FileWaveは、AppleのアップグレードされたすべてのOSのリリース時にゼロデイサポートを提供しています。現在のお客様は、新規またはアップグレードされたAppleデバイスが中断することなく動作するだけでなく、FileWaveでAppleの新機能やプロファイルをすぐに活用できるので、安心してご利用いただけます。さらに、FileWaveのイメージングソリューションへのアップグレードにより、Appleの秋のリリースへの対応が完了します。

ファイルウェーブ 12.3

FileWave 12.3のハイライトは以下の通りです。

  • iOS 11とtvOS 11の即時サポート
  • リリース時にmacOS High Sierra 10.13をサポート
  • 数多くの新しいマネジメントプロファイル
  • 多くのFileWave Adminコンソールの改善

 

新役員紹介

数多くの新しい管理プロファイルや変更により、Appleデバイスの管理機能がさらに拡張されました。ここでは、新しいオプションの一部をご紹介します。

  • macOSプロファイル拡張機能
    • セキュリティ上の理由から、macOS 10.13ではシステム拡張機能(kExt)のインストールが難しくなっています。この新しいプロファイルでは、自分のシステムで許可される拡張機能と許可されない拡張機能を定義することができます。
  • tvOSのプロファイル。エアプレイ・セキュリティ
    • AirPlayミラーリングを使用する際に、デバイスとApple TVとの接続方法を設定するための新しいtvOSプロファイルです。
  • tvOSプロファイル。ホーム画面のレイアウト
    • Apple TVのホーム画面を設定するための新しいtvOSプロファイルでは、ユーザーがすぐに表示するアプリケーションを選択することができます。
  • iOSのプロファイルです。DNSプロキシ
    • iOS 11の新しいプロファイルでは、特定のアプリケーションがデフォルトのDNSサーバーの代わりにDNSプロキシエクステンションを使用するように設定できます。
  • iOSの制限:allowSystemAppRemoval
    • iOS 11の新しい制限は、ユーザーがAppleシステムアプリケーションを削除することを許可または防止するものです。
  • コマンドの変更。EraseDeviceコマンド
    • デバイスのワイプ時にデータプランの設定を保持できるようになりました。
  • DEPプロファイルの新しいスキップキー
    • 以下の追加設定ステップをスキップすることができるようになりました。キーボード選択」、「Apple Watchの移行(iOS)」、「TVプロバイダへのサインイン」、「iOSデバイスでのセットアップ(tvOS)」。
  • コマンド変更:macOSファームウェアパスワード
    • FileWaveにMDM登録されているMacの場合、macOS 10.13のファームウェアのパスワードを確認・設定できるようになりました。

 

Imaging 5.3 & Lightning 1.8.7

ファイルウェーブのイメージングソリューションは、アップル社の新しいファイル構造であるAPFSに対応しています。ハイライトは以下の通りです。

  • APFSを搭載したmacOS High Sierra 10.13デバイスのイメージングに対応
  • APFSを搭載したmacOS High Sierra 10.13デバイスへのLightning対応
  • 追加の改善

 

エンゲージ 1.3.2

このリリースのEngageでは、CleverとGoogleの認証に関する小さな問題が解決されています。

 

すべての機能と変更点の詳細については、 「FileWave 12.3」、「Imaging 5.3」、 「Lightning 1.8.7」、 「Engage 1.3.2」 のダウンロードページをご覧ください。

関連記事

返信を希望する

コンテンツへ移動